【悩んでいる人必見!】記事が読まれるためにはこれをやろう!

記事が読まれるポイント 記事の書き方

こんにちは!あさまべりーです。

今回は、「ブログの記事をどう書いてもなかなか読まれない…」と悩んでいる方向けに、記事を書くときに意識することについて書いていきます。

なぜ読まれないのかを考えながら改善していくことが大切。

自分が記事を書く時に気をつけるべきポイントについてチェックし、どうしたら読まれるようになるか考えてみましょう。

記事が読まれない原因はこれ!

結論から先に書きます。
あなたの記事が読まれない原因は、ターゲットがしっかり定まっていないから。

あなた自身が誰に向けて書いているのかはっきりしていなかったら、読む側に刺さる記事にはなりません。

読者のターゲットをしっかり見据えて記事を書いていきましょう。

記事を書く前に明確にターゲットを決める

少なくともあなたの記事を読みにくる読者は、何か悩みや調べたいことがあって、それを解決したくて記事を読みにきます。

ターゲットが不明確なまま記事を書くと、

  • 焦点がボケた記事になる・・・何を言っているのかわからない。
  • 論点がばらばらになり曖昧な記事になる・・・悩みが解決できない。

読者に興味をもって読んでもらうためにはターゲットを明確にして書くことが大切です。

納得している人

ターゲットが決められないときはこれ!

具体的なターゲット像が浮かばないとき、よく言われるのが「過去の自分をターゲットとして自分に教えるように書くといい」ということです。

友人や家族をイメージしてもいいと思います。

これだけでも、ターゲットとしてかなり絞り込めて具体化できます。

ターゲットの例
  • 35歳の自分が25歳の自分に英語学習の最善の方法を教える。
  • に良い転職サイトを紹介する。
  • 友達に効果があるダイエットグッズを教える。

ここで言っている「25歳の自分」、「弟」、「友達」をさらに具体的にイメージしておけばいいんです。

例えばこんなふうに。

タードットとする読者:25歳の自分

  • 年齢:25歳
  • 職業:会社員
  • 住所:神奈川県
  • 趣味:ゴルフ・旅行
  • 家族構成:妻、女児1
  • 関心事:副業、脱サラ
急いでいる人

読まれる記事を書くコツ

ここで読まれる記事を書くコツについてあげておきます。

結論を先に書く。

記事を書くときに、ただ言いたいことをズラズラと書いていたら、話の焦点がわかりにくくなります。

ネットを利用して情報を得ようとするときは、あまり時間をかけたくないものです。

記事の読み始めにわかりにくいと思われてしまったら、すぐに離脱されてしまいます。

真剣な人

読者に記事を読んでもらうためには、まず記事の最初で興味を持ってもらうことが大切です。

そのためには記事の見た目などの影響もありますが、質の良い記事を書くことが重要。

基本的には結論を先に書き、その理由をシンプルにわかりやすくまとめるように心がけましょう。

記事の読み初めのうちに、この記事は悩みを解決できそう、情報が得られそうと思ってくれれば、記事は読まれます。

記事のまとめ方に悩んだら、PREP法でまとめるとわかりやすくていいですよ。

具体性の高い記事を書くことを意識する。

繰り返しになりますが、読者は何か情報を得ようと考えていたり、悩みを解決するために記事を読みにきます。

そこで読まれる記事は、やはり具体性があること。

例えば次の文章。

  • このプロテインを飲み始めたら痩せました。
  • このプロテインを飲み始めて1ヵ月で5kg痩せました。

下の文章の方が具体性がありますよね。

あなたならどちらの記事を読みたいと思いますか?

そこでおすすめは文中に数字を入れること。

数字を用いると具体性が増します。

でたらめな数字はだめですよ。信頼できる数字です。

記事の内容を補完するデータ

そして次に大切なことは、イメージできる大きさの数字で表すこと。

小さな数字で表すとよいとも言われますが、イメージしやすい大きさや単位で表すようにしましょう。

会話形式で書く。

吹き出しを利用して、2人が話をしている場面を想定して説明していくやり方もあります。

会話形式で質問をなげかけ、それに答えていくというスタイルにすると、理解しやすいこともあります。

例えば、友達からダイエットに効果的なプロテインを教えてほしいと言われたとき。

友達
友達

ダイエットに効果的なプロテインないかな?

私

○○がいいよ。

友達
友達

へー、なんでそれがいいの?

私

ソイプロテインだからダイエット向きだし、品質がいいわりに安いからコスパもいい。有名芸能人にも利用している人が多くて効果も出ているよ。

どうでしょう。

友達との会話をイメージするとわかりやすくないですか?

記事を書くと言うと何か文章でいろいろ書いていくようなイメージがありますが、あくまでも記事の向こうに読者がいることをイメージして書きましょう。

1記事あたりの最適な文字数は〇〇

これもいろいろな説がありますね。

しっかり説明しようと思うとあれもこれも詰め込みたくなりますが、前述の通りネットでいろいろ調べる読者は時間があまりないと考えれば、長すぎるのも考えもの。

文字数を多くしようと思って中身の薄い記事を書いていたら読まれるものも読まれなくなってしまいます。

大切なのは読者の悩みにいかに的確に応えてあげられるかとういこと。

文字数よりもしっかり読者をイメージして、必要なことをシンプルに書けているかを気にするようにしましょう。

まとめ

いかがでしょうか。

いつもできていると思っても、案外できていないことが多いのではないでしょうか。

まとめます。

読まれる記事を書くには、

  • 記事を書く前に明確にターゲットを決める
  • 結論を先に書く。
  • 具体性の高い記事を書くことを意識する。数字の使用など。
  • 会話形式など、読みやすくなるような工夫をする。吹き出しの活用。
  • 1記事あたりの文字数に正解はない。強いてあげれば読み切れる長さ。

読者目線でどのように書いてあればわかりやすいか考え、文章にしていく習慣をつけていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました