読まれる記事の見た目とは!?4つのチェックポイント

記事も見た目がポイント 記事の書き方

こんにちは!あさまべりーです。

自分のブログが読まれるようになるために、どのように記事を書いていけばいいのか悩むことがよくあると思いますがいかがでしょうか。

あなたがネットサーフィンをしていて、ふと立ち寄ったブログで、

「あっ!この記事何かいてあるんだろう?ちょっと読んでいようかな!?」

と思うのはどんなときですか?思い出してみましょう。

それが読まれるためのチェックポイントですよ。

読まれるか読まれないかは記事の見た目が左右する。

あなたが何か調べものでもしようとネットで検索して、おっ!これ見てみようと思ってそのサイトに訪れたとき、記事を読むか読まないかって、結構瞬間的に判断していないでしょうか。

それはなぜ?

読者はいち早く求める情報が欲しいのです。

自分が読むに値するかどうかは中身よりも記事の見た目で瞬間的に判断しています。

思い出してみてください。

字がこれでもかとぎゅうぎゅうに詰め込まれ、画像やイラストの一つもない、そんな記事を読もうと思いますか?

読めばとても有益なことが書かれているとしても、最初の見た目で瞬間的に興味をそそられなければすぐに離脱です。

ブログを作る人

ということは、記事の見た目(First look)に注意が必要ということですね。

読まれなければ意味がないですからね。

記事の顔をチェック!

それでは、記事の見た目のチェックポイントをご紹介します。

・文章の塊が大きくなりすぎていないか。

  ポイント・・・文は短く簡潔に書く

正しく伝えたいあまりに文章がやたらと長くなってしまうことがあります。

これは見た目だけでなく、純粋に読みにくくなってしまうので、述べたいことを簡潔にまとめて書くようにした方がいいですね。

同じ言葉が大量に繰り返されたり、”あれ”、”これ”、”それ”が多い文章も言いたいことが伝わりにくくなりますし、文章も長くなりますのでやめた方がいいですね。

また改行や空白行を適当に配置することで見た目もスッキリします。

段落が大きくなりすぎないように改行や空白行を使って、伝えたいことが明確になるようにすると読みやすくなります。文字装飾なども活用すると見た目でもわかりやすくなります。

例)

詰めて書いた例

あなたは心の底から成功したいと願っていますか?頭の中で成功したいと考えていても、ドリームキラーの影響を受けて、心のどこかで、「自分はこれまで成功していないんだから、成功なんかできないのかなあ…。」なんて考えていたりしないでしょうか?意識ではお金持ちになりたいと思っていても、無意識にはドリームキラーの言葉が刻み込まれている…..これよくあることです。

適度な改行と空白がある例

あなたは心の底から成功したいと願っていますか?

頭の中で成功したいと考えていても、ドリームキラーの影響を受けて、心のどこかで、

「自分はこれまで成功していないんだから、成功なんかできないのかなあ…。」

なんて考えていたりしないでしょうか?

意識ではお金持ちになりたいと思っていても、無意識にはドリームキラーの言葉が
刻み込まれている…..これよくあることです。

どちらが読みやすいかは一目瞭然ですよね。

ただし、空白行を何行もいれてしまうのは、逆にスカスカな印象を与えかねないのでやめた方がいいですよ。

・適度にイラストや画像を挿入しているか。

  ポイント・・・さりげなく。

文章だけの記事よりも適度にイラストや画像が入っている記事の方がパッと見て目を引きますよね。

アイキャッチ画像が必ず使うようにして、記事中にもさりげない程度でイラストや画像をいれると見た目もよくなりますし、活字だけのときよりも読んでもらえるようになります。

先ほどの記事にイラストを挿入してみたのがこちら☟

イラストを使用した例

あなたは心の底から成功したいと願っていますか?

頭の中で成功したいと考えていても、ドリームキラーの影響を受けて、心のどこかで、

自分はこれまで成功していないんだから、成功なんかできないのかなあ…。

なんて考えていたりしないでしょうか?

意識ではお金持ちになりたいと思っていても、無意識にはドリームキラーの言葉が
刻み込まれている…..これよくあることです。

・フォントサイズは丁度いいか。

  ポイント・・・大きすぎたり小さすぎたりしないように。

フォントサイズも見た目に大きく影響を与えます。

大きくしすぎたり、小さすぎたりしても読みづらい印象を与えますので注意しましょう。

例)

フォントが大きい

あなたは心の底から成功したいと願っていますか?頭の中で成功したいと考えていても、ドリームキラーの影響を受けて、心のどこかで、「自分はこれまで成功していないんだから、成功なんかできないのかなあ…。」なんて考えていたりしないでしょうか?

フォントが小さい

あなたは心の底から成功したいと願っていますか?頭の中で成功したいと考えていても、ドリームキラーの影響を受けて、心のどこかで、「自分はこれまで成功していないんだから、成功なんかできないのかなあ…。」なんて考えていたりしないでしょうか?

好みもあって印象は様々かもしれませんが、一見してこれは読みたくないと思ってしまうような状態は避けるべきです。

・スマホ画面でも見やすいか。

  ポイント・・・読みづらくなっていないか。

スマホ画面での見た目も大切です。

最近のWordPressのテーマはレスポンシブ対応になっているものが多いので、あまり気にしなくてもPCやタブレット、スマホなど、どのようなデバイスから見ても各デバイスに合わせた最適なサイズで表示されます。

最適サイズで表示されると言ってもデバイスによって表示が変わるので、パソコンで書いていたときに想定していなかった変化がある場合もあるので注意が必要です。(表など)

記事はPCで書くと思いますが、スマホで見られることも多いので、PCで記事を作成したらスマホ画面での見え方を必ずチェックしましょう。

・最後に全体のバランスをチェックする

 ポイント・・・全体を眺めて違和感がないか

記事を書き終えたら、プレビューを見て全体のバランスをチェックしましょう。

色使いや画像の並べ方に落ち着きのないところがないか。

文章が”かな”だらけになっていて読みづらいそうなところはないか。 etc

 まとめ

読まれやすい記事とは、見た目で読んでみようと思える書き方をしている記事です。

見た目のチェックポイントをまとめますね。

・文章の塊が大きくなりすぎていないか。

・適度にイラストや画像を挿入しているか。

・フォントサイズは丁度いいか。

・スマホ画面でも見やすいか。

・最後に全体のバランスをチェックする

これらを意識するだけで、パッとみた印象がいい記事になると思います。

記事は中身が大切なのは言うまでもないですが、初めは見た目が勝負なところもあるので忘れずにチェックしましょう。

ブログを訪れる読者は、どちらかというとあまり時間をかけずに情報を得ようとしているので、文字がぎっしりと詰まったものは好みません。

どういうをしたブログだったら読む気になるか。

ブログの図

そこをイメージして記事を書いていけば、自然と読まれる姿をした記事に仕上がっていくと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました